• <table id="qmq2q"><table id="qmq2q"></table></table>
    <sup id="qmq2q"><blockquote id="qmq2q"></blockquote></sup>
  • <optgroup id="qmq2q"><label id="qmq2q"></label></optgroup>
  • <bdo id="qmq2q"><optgroup id="qmq2q"></optgroup></bdo>
    <blockquote id="qmq2q"></blockquote>
    <input id="qmq2q"><div id="qmq2q"></div></input>
    成 人 免费 黄 色 网站无毒,免费 成 人 黄 色 网 站,成 人 黄 色 网 站 视频 S色_国产
    文章详情

    TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)

    日期:2021-12-24 05:09
    浏览次数:986
    摘要:TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)

    TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)


    1.环境および机器 

    1).环境


    ?スタンドは振動の受けにくい平らな面をもった堅固な台に設置する。 

    ?近くに振動の発生源がないこと。 

    ?直射日光があたらないこと。 

    ?温調器等の風が直接当たらないこと。 

    ?塵埃のないこと。 

    ?環境温度 常温で結露が発生しないこと。

     推奨: 20~25℃、 ~60%RH 


    2).校正机器

    ① 粘度計校正用標準液(以下、標準液という)

        校正する温度において、粘度計の測定*高回転速度で指度値が高い目盛り範囲(50%~ 95%が望ましい)になるような標準液を選択すること。

        校正にはできるだけ低粘度の標準液を使用し、高粘度の標準液は、下記理由によりなるべ く避けること。

    ?排除液中的气泡需要很长时间。

    ?由于对流困难,只能传导热量,容器内温度均匀化需要很长时间。 

    ?温度-由于粘度系数大,温度差影响就大。

    补充:根据使用目的,也有使用硅校正液高效地进行检查和校正的方法。


    ② 容器 

        容器は通常、内径約φ85mmの 500ml(JIS R3503)を使用する。 都合により、他の容器を使用する場合は、容器径の違いによる補正が必要となる。

    ③ 恒温槽

        容器内の標準液の測定温度を±0.1℃以内で一定に保持できるもので、標準液の液面を恒温 槽の伝熱媒体の液面より約 10mm低く設定可能な深さを有するもの。 

       ※ 標準液の温度による変化はかなり大きな値を示す。

    ④ 温度計

        温度計は国家標準とトレーサビリティが保証されたもので、液温を0.1℃の桁まで読め るもの。


    3).条件等

    ① 选择旋转速度和转子

    ?使用ロータは TVB-10M 形粘度計では M-1号ロータを、TVB-10H/TVB-10R/ TVB-10U 形粘度計では H-2 号ロータを使用する。 

    ?通常ガードを使用するが、都合によりガードを使用しない場合は補正が必要となる。 

    ?使用回転速度はロータと標準液の組み合わせより、指度値をフルスケールの 10%~95% の範囲になるものを選択すること。

    ② 校正温度 

    ?校正の精度は標準液の温度の安定性に大きく影響を受けるため特に注意が必要である。 

    ?校正時の標準液の液温は、室温との差ができるだけ少ない任意の温度を使用する。 

    ?標準液の粘度は標準液に添付の「温度-粘度 計算表」を使用して求める。 

    ?容器内の標準液の校正温度は、±0.1℃以内で均一に平衡していることが望ましい。


    2.校正

    1).外观确认

    ?粘度計のキズ、打痕、塗装部の剥離状態がないことを確認する。(保管状態の確認) 

    ?ロータ、ガードの大きなキズや曲がりは測定精度に影響するので、キズ、打痕、曲りがな いことを確認する。 

    ?粘度計の水準器の気泡が「○」印の中心にない場合、レベル調整ネジを調整して気泡が「○」 印の中心にくるように合わせること。


    2).性能确认

    ① 旋转操作确认

        ロータを取り付けた状態で回転の起動、停止および変速動作を確認する。起動、停止、 変速動作が円滑であること。

    ② 转子安装防御确认

        ロータ、ガードを取り付けてゆるみ、がたがないことを確認する。

    ③旋转器摇动确认

        適度な回転速度(10rpm 又は 12rpm)で回転させ、ロータの振れを目測する。ロータの 振れ幅は 1.5mm(全幅)以内であることを確認する。 

        ※ 後ろに定規又は方眼紙等を置くと振れ幅を確認しやすい。


    注)本司出货检查时转子的振幅在1mm以内。


    3):测量准备

    ?容器に標準液を入れ、恒温槽にセットする。 

    ?容器にロータを浸す。このときロータに泡を抱き込ませないこと。 

    ?次にロータを垂直にして粘度計に取り付ける。粘度計を上下させて、標準液の液面にロー タの浸液マーク位置を合わせる。 

    ?ロータの軸心が容器の中心にくるように容器を配置すること。 

    ?粘度計の水準が正しいことを確認する。 

    ?液温が平衡状態になるまで放置し、液温が均一となるようにスパチラ等でよく撹拌する。 

         ※ 恒温槽を使用する場合などには、厚紙等で容器に蓋(保温用でガード、ロータの部分を逃 がしたもの)をする。

    ?测量前马达调节10分钟左右,确认粘度计的状态和标准液的安定。


    4):测定

      ·检查标准液的温度,在容器内均匀(±0.1℃以内)成为平衡状态后进行测量并取得记录。

    ●对于一次测量,将旋转数切换为低速高速低速,将2点到3点的数据在上下模式取出。测量值在粘度的指示稳定的状态下,用“UNIT”键切换显示单位,读取记录各旋转速度中的粘度值和指度%等。

    *上传模式():将旋转速度从低速依次切换到高速一侧。

     * 下降模式():将旋转速度从高速依次向低速侧切换。

    ※在反复测量中温度可能会发生变化,所以要充分注意温度的变动。

    TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)TVB10数字式粘度计的校准方法(供参考)